歴史

酒井家と庄内藩にまつわる歴史について

酒井家と庄内に関するキーワード

庄内藩略年表

1601(慶長6) 徳川家康が最上義光に庄内3郡と由利郡を加増。
1603(慶長8) 大宝寺を鶴岡、東禅寺を亀崎、尾浦を大山と改称、鶴岡の町割を実施。
1608(慶長13) 新関因幡守がかんがい講を開さく。(因幡堰)
1610(慶長15) 工藤掃部が青龍寺川を開さく。
1612(慶長17) 北楯大学がかんがい講を開さく。(北楯大堰)
最上義光が庄内3郡の検知を実施。
1614(慶長19) 鶴ヶ岡城で一栗兵部の乱が起る。
1622(元和8) 最上家が藩政不行き届きで領地を没収される。
酒井忠勝が信州松代から鶴岡に入部。(庄内13万8千石)
1623(元和9) 鶴岡の町割をはじめる。
1632(寛永9) 加藤忠広が罪によって庄内へ流され、丸岡に幽閉。監守にあたり2千石加増、14万石となる。
1647(正保4) 忠勝江戸にて卆す。享年54歳。
忠勝の三男忠恒へ松山2万石、七男忠解へ大山1万石を分知する。
1652(承応元) 鶴ヶ岡城二の丸の追手門を建て、追手橋の架けかえををなす。
1653(承応2) 加藤忠広、丸岡にて死す。
鶴ヶ岡城本丸・寝間・黒木書院・白木書院及び金蔵を建つ。
1664(寛文4) 田川・櫛引・遊佐の3郡を田川・飽海の2郡に改める。
1668(寛文8) 大山酒井忠解卆す。嗣子なきため改易となり、翌年大山領は公領となる。
1689(元禄2) 6月3日、松尾芭蕉が荘内に来る。
1702(元禄15) 3月、第6代忠真、預り中の本多出雲守の取り扱いに落度あり、閉門謹慎。4月、解かる。
1731(享保16) 忠真江戸にて卆す。
嗣子早世のため出羽松山藩忠豫の次男忠寄を養嗣子とする。
1749(寛延2) 忠寄、老中を命ぜられる。(明治元年まで15年間在職)
1755(宝暦5) 奥羽大凶作「宝五の飢饉」という。
1766(明和3) 忠寄卆す、忠温継ぐ。
1767(明和4) 忠温卆す、忠徳継ぐ。
1792(寛政4) 吹浦・今泉・鼠ヶ関に外国船見張番所を設ける。
1796(寛政8) 農政改革を実施。
1805(文化2) 藩校致道館が落成。(大宝寺)
忠徳隠居し、忠器継ぐ。
1807(文化4) 蓮台火事、市内1300戸を焼く。
1811(文化8) 土屋丑蔵、虎松兄弟の仇討一件。
1816(文化13) 致道館を十日町口に移築、9月落成。
1833(天保4) 大凶作、地震津波あり。合積を実施。
1840(天保11) 幕府より庄内藩酒井を越後長岡へ、川越藩松平を出羽庄内へ、長岡藩牧野を武蔵川越へ、各々転封を命ぜられる。庄内領民これを阻止せんと大規模な反対運動を起す。これを「天保おすわり事件」という。
1841(天保12) 7月、転封中止。
1842(天保13) 忠器病をもって隠居、忠発継ぐ。
1843(天保14) 印旛沼疎水工事を命ぜられる。
1844(弘化元) 幕領の百姓が荘内藩の領地になることに反対し、大山騒動を起す。
1859(安政6) 庄内藩が蝦夷地の警備を命ぜられ、派兵。
1861(文久元) 忠発病をもって隠居、忠寛継ぐ。
1862(文久2) 忠寛病没、忠篤10歳にて継ぐ。
1863(文久3) 庄内藩、江戸市中取締を命ぜられる。
1864(元治元) 庄内藩、庄内の幕領地を加増され、17万石となる。
1867(慶応3) 改革派の首謀者を処罰。(大山庄太夫一件)
庄内藩兵が江戸薩摩邸を襲撃、鳥羽伏見の戦が起る。
1868(明治元) 戊辰戦争、庄内藩兵が政府軍と闘い善戦するが、9月26日に降伏謝罪。
忠篤隠居し、忠宝継ぐ。
1869(明治2) 会津若松・盤城平に転封を命ぜられたが中止となり、献納金を納める。大泉藩となる。
1870(明治3) 忠篤、西郷隆盛の人徳に感じ、藩士を引きつれて鹿児島に留学、翌年帰る。
1871(明治4) 廃藩置県、大泉県(のちに鶴岡県と改称)となる。
1872(明治5) 忠篤、兵学修行のためドイツ留学。
後田山を開墾、松ヶ岡と命名する。
1873(明治6) 忠宝、法律修行のためドイツ留学。
1876(明治9) 鶴岡・置賜・山形の3県が統合し、山形県となる。
1879(明治12) 忠篤・忠宝、ドイツより帰国する。
1880(明治13) 忠宝隠居し、兄忠篤に再び家督を譲る。
ページトップへ